オーラソーマジュエリーの(株)リバアート公式ブログ
<< マイク学長の来春ジャパンツアー main 2015年01月26日のつぶやき >>
新発売です!
オーラソーマジュエリー(リバアート)より新商品のお知らせです!
昨年頃、アロマ精油がボケ防止になるという事が話題になりました。
リバアートでもそれ以前より嗅覚は感情や記憶に大きく関わっているという事から、香りを使ったジュエリー等を開発していました。
当初は金属に香りを保持する事が難関でしたが、アイデアと技術を使い新しい商品が開発できました。
昨年、販売開始したアロマティックブレスには香りを保持する「Smell Sweet」が使われています。 SmellSweet.jpg
 ↑画像はSmell Sweet↑

この「Smell Sweet」は銀粘土を用いて作られています。
銀粘土とはその名の通り粘土状の物で、形を作り乾燥させた後に焼成させると銀だけが残ります。
焼成させることで、銀の中に空間が生まれます。
この特性を生かし作製、更には穴をあけそこに綿を詰めることで空間に香りを保持する事が出来るのです。
また、銀イオンは消臭効果や殺菌作用があるため、最終的は香りが消え殺菌されますので洗浄の必要が無いのも魅力的です。
社内試験では2時間は香りが保持されました。(エッセンスの種類により長く保持する場合もあります)

「Aroma Serapis」は、従来のセラミック(近年のアロマペンダント等はこれを使用)をそのまま形にしてAromatic Collectionの入門モデルとして作られました。
Aroma Serapis.jpg
 ↑画像はAroma Serapis↑

Aroma Crownシリーズ
Aroma Crown_Ribbon 1.jpg
 ↑画像はAroma Crown Ribbon↑

Aroma Crown_Barretta 2.jpg
 ↑画像はAroma Crown Barrette↑

Aroma Crown_Tiara 0.jpg
 ↑画像はAroma Crown Tiara↑

Aroma Cosmosシリーズ
Aroma Cosmos 1.jpg
 ↑画像左からTwinkle,Love,Crescent↑

Aroma Eternalシリーズ
Aroma Eternal_Anubis 2.jpg
 ↑画像左からAnubis Ring,Anubis Pendant↑

Aroma Eternal_Angel Pendan.jpg
 ↑画像はAngel Pendant↑

上記には香りを保持する金属「マイクロポーラス金属」を採用しています。
マイクロポーラス金属とは、NASA人工衛星の放熱パイプでも活用されています。
身体に優しいチタンを採用し、20ミクロンの繊維を70%の空隙率で仕上げたものです。
20ミクロンの繊維が毛細管現象を発現させ、70%ある空間にエッセンスを吸収し内部に保持することが出来る金属です。 関西の工業メーカーで吸水試験を行った結果、香りの持続は2時間程でした。
マイクロポーラス金属 吸水試験.jpg

この様な新素材やアイデアを用いて新しい商品が出来ました。 リバアート通販サイトではランディングページを準備いたしましたので是非一度見てください!
JUGEMテーマ:日記・一般
14:48 Aromatic Collection comments(0)
comment

message :


riva-art
(株)リバアート公式サイト
Profile
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Category
Comment
NewEntry
Archives
Search
Mobile
riva-art.comQRコード