オーラソーマジュエリーの(株)リバアート公式ブログ
やっぱ凄いよ、オーラソーマ。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
時差ぼけ中、夜が眠れず、昼間が眠い・・・あーまた時差ぼけやっちっまったよ、オーラソーマジュエリー川島です


2013年6/14〜26、英国オーラソーマ社の「チャクラウォークの旅」参加してきました

この旅は、去年も参加し、とても感銘を受けた旅。

去年が素晴らしかったので、スタッフの鶴田さんにも伝えたくって、

2人で一緒に参加しました


イギリスについて、去年も今年も参加しているメンバーが4名いたのにはびっくり。

私と同じように、去年の旅に感動している人って、多いんだな〜

それに、和尚アートユニティの江谷さんが同行してくださったのですが、

これまた素晴らしいオーガナイズでした


来年は、こちらの旅はお休みで、次回は2015年か2016年との事

でも、次回も必ず行っちゃうと思う。

この旅では、オーラソーマ製品の素晴らしさを生で実感できるし、

オーラソーマに携わっている事を誇りに思える旅。

いつかは、DevAuraに行きたいと思っている、あなた!

行くなら、この旅ですよぉ。

是非、次回は一緒に行きましょうーー

前回の旅の模様はこちら
http://riva-art.jugem.jp/?eid=606
http://riva-art.jugem.jp/?eid=609
http://riva-art.jugem.jp/?eid=611
http://riva-art.jugem.jp/?eid=612
http://riva-art.jugem.jp/?eid=613
http://riva-art.jugem.jp/?eid=614
http://riva-art.jugem.jp/?eid=615
http://riva-art.jugem.jp/?eid=616
http://riva-art.jugem.jp/?eid=617
http://riva-art.jugem.jp/?eid=618
http://riva-art.jugem.jp/?eid=619
http://riva-art.jugem.jp/?eid=620
http://riva-art.jugem.jp/?eid=624
http://riva-art.jugem.jp/?eid=621
※前回、こんなにブログをアップしてたんだー 相当感動していたんだな〜私。


今回の旅の素晴らしい写真は、こちらですー
IMG_0632.JPG

IMG_0654.JPG

IMG_0665.JPG

IMG_0670.JPG

IMG_0673.JPG

IMG_0696.JPG

IMG_0728.JPG

IMG_0729.JPG

IMG_0749.JPG

IMG_0756.JPG

IMG_0757.JPG

IMG_0764.JPG


本当に素晴らしい旅でした

もっと沢山の写真を、facebookにアップしていますー
是非、皆さん覗いてみてくださいね
※facebookでのお友達申請もお待ちしています

https://www.facebook.com/home.php#!/hiroko.kawashima.52/media_set?set=a.524810660902088.1073741828.100001194778391&type=1


kawashima
14:01 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜シバリンガム(ラボ裏)〜
JUGEMテーマ:日記・一般
 

イギリスのオーラソーマ社は、こんな感じに少しずつ場所が離れています。

全ての中心が、デブオーラ。







こちらは、セミナールームと、宿泊施設を一緒にしている建物です。

イギリスでは、大きな建物(お家)には、自分達で名前を付けて呼ぶ習慣があります。

その名前が、デブオーラ。



デブオーラから、車で10分程度走ったところに、シャイヤーファームがあります。

DSC01767.JPG




そして、デブオーラから、歩いて10分程度の場所に、オーラソーマ社があります。


オーラソーマ社のオフィス前


そこには、

プロダクツ製品やクリスタルが売られているショップ「ルチア・エンジェルス」と、

オーラソーマのオフィス。

プロダクツ製品を製造しているラボ。

があるんです。


そのラボの裏には、少しだけ農地があり、プロダクツ用のハーブを栽培しています。





今回、そのラボの裏にある農地の奥にあった”シバリンガム”を見せていただいたのですが、

ニューズレターにも、シバリンガムについて少し触れていましたが、

実際のそのものを見て、びっくりしました


すんごいエネルギーなんです!!

それを見ただけで、涙が出てくるような、体があつくなるような。。。


シバリンガム-1.JPG

中央にある石が「シバリンガム」。

手のひらに乗るようなシバリンガムは見たことがあったけど、

こんなに大きいシバリンガムは、世界でもめずらしい!

マイクさんいわく、世界でも10本の指に入るくらいのシバリンガムだそうです!!

(なぜマイクさんは、こんなに大きなシバリンガムを手に入れる事ができるのか・・・それもすごい)


シバリンガム-5.JPG
シバリンガムの表面です

※シバリンガム
鉱物名は、「クリプトクリスタリンクォーツ」と言う。
破壊と再生を司る神「シヴァ神」と、男性性器を表す「リンガム」を意味する。
インドの聖なる巡礼地の”ナルマダ川”でしか採取できず、それも1年に1度しか許されていない。
この形は、川底を転がり自然に形作られるとも言われている。
ただし、表面は手作業で、丁寧に磨かれるそうです。
「男性性と女性性」 「陰と陽」を表し、肉体と精神のエネルギーバランスを整え、
細胞を活性化させてくれるといわれています。


ここで瞑想をしたところ、涙をするひとが一番多かったなぁ。

かくゆう私も、この石を見たとたん、心臓がドキドキして、

なんとも言えない感情が沸きあがってきました。




ラボの裏側に位置するこの場所は、「ダウジング協会」の方が計測し、

一番エネルギーの高い場所に設置したそうです。

※ダウジング(Wikipedia)




シバリンガム-3.JPG

シバリンガムが乗っているのは、3.5トンの大理石で作られていました。

蛇が上がっていく彫刻が彫られています。




そして、シバリンガムの上に水が落ち、

その水が、ラボ(製品工場)に流れていくように計算されていました。

シバリンガム-6.JPG

シバリンガム-7.JPG


ここから落ちた水滴は、シバリンガムのエネルギーをプラスして、

ダウジング協会の人に調べてもらったエネルギーの高い流れを持つ場所をつたって、

ラボ(製品工場)に、流れるように計算されています。



なんと、すごい事でしょう!

良い製品を作るためだけに、シバリンガムをエネルギーの高い位置に配置し、

そのエネルギーをラボに流していくようにしてあるのです。


オーラソーマプロダクツ製品が、あれだけのエネルギーを持ち、

そして、沢山の人の助けになっているのは、

これだけの事をしているからこそ、当たり前のようにも感じました。



すごい、すごすぎでした。。。

私の想像を超える、大掛かりな何かを感じ、本当に心を打たれる思いを感じました。



kawashima

13:46 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜妖精の住む森〜
JUGEMテーマ:日記・一般
 

シャイヤーファームの中には、”妖精の住む森”があります

マイクさんは、最近「t地球上に、妖精達が住む場所が、とても減ってきたので、

シャイヤーファームには、その住む場所を作ってあげたい」と思ったそうです。



マイクさんは、「妖精の住む森」に行く前日、

「明日は、化学合成物の”香水”や”デオドラント製品”、”ヘアケア製品”は使わないで、

集合してください」と、おっしゃいました。


妖精達はケミカルな物を嫌うため、もし着けている人がいると、出てきてくれないと言いました



マイクさんは、1970年代から”ピーター”という名の精霊がついているそうです。

「聖なる旅」をする時は、そのピーターさんが ”ぴょん、ぴょん” と飛び跳ねて、

マイクさんを聖地に案内してくれるので、マイクさんの歩く速度は超早いっ。


たぶん、マイクさんは自然精霊とお話ができるマスターなのだと思う!!うん。





その森は、思った以上に、澄みきった空気を持っていました。

森-2.JPG

森-3.JPG

森-4.JPG

森-5.JPG




こんなに森を愛おしく思ったことはありませんでした。。。



kawashima

13:45 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜ファームの景色〜
JUGEMテーマ:日記・一般


ファームは、とても広大で(東京ドーム43個分くらい)、美しい。。。

沢山のハーブ達が、元気に育っていました
 
DSC01693.JPG


DSC01722.JPG

DSC01725.JPG

DSC01779.JPG

DSC01733.JPG

DSC01726.JPG





バイオダイナミック農法のため、牛やヤギ。羊を放し飼いにしています。

牛達が、草を食べ、糞をして、その栄養分がまたハーブを作る・・・エネルギーの循環ですね

今年だけでも、牛が40匹。羊は90匹も産まれたそうですよ

DSC01777.JPG


牛-2.JPG


DSC01848.JPG



kawashima
13:45 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜第7チャクラ(バイオレット)〜
JUGEMテーマ:日記・一般


シャイヤーファーム 第7チャクラの場所】



ここは、クラウンチャクラになります。

シャイヤーファームの中でも、高い位置にあり、全体を見渡せる美しい場所です。


第7-4.JPG

第7.JPG

中央には、完璧なまでの寸法で作られたキューブの石。

この石は、最近地震のあった場所から取り寄せたようです。(イタリア)

その上には、メキシコから取り寄せた石が乗っています。

この形状は、オロイドマシーンと同じ原理に基づいて、構成されているそうです。

※オロイドマシーン・・・レベル1テキストに記載されているので引用。
オロイドマシーンは3次元的な形を持ち、内部に向かうような、または外部に飛び出したような
立方体を持ちます。
3次元的に8の字に混ぜることによって、内容物のエネルギーが調和し、融合していくので、
プロダクツの原材料は全て、オロイドマシーンの中で混ぜられています。




上記の石の回りには、ローズクォーツが7個あり、

さらに、その外側には、東西南北の4方向に向いている「セレナイト」があります。

第7-3.JPG
手前に見えるのが、セレナイト。




そして、その脇に発見した、黒い丸い石達
第7-1.JPG


マイクさんに、訊ねたところ・・・・

2012年の12月21日に、惑星の記憶を持っているこの石達を、

この場所に埋めるために、今準備をしている・・との事でした!

その日に、それをする事が、必要であるようです。


第7-2.JPG

この丸い石を、近くでパチリ。

石に写ったものはまるで、「月の中に、自分がいる」ように写っていました。


ただならぬ、エネルギーを感じた石達でした




なお、マゼンタの位置では、”肥やし”を作り、その肥やしをファーム全体にスプレーするそうです。

肥やしは、牛の角に堆肥や牛糞を詰めて、それを1シーズン土に埋めておき、

それを掘り出した物が、肥やしの調合剤になります。

調合剤は、希釈してファームにスプレーするのです。


牛の角を土に埋めるのは、こんなイメージですね(シャイヤーファームではありません)




kawashima
19:49 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜第6チャクラ(ロイヤルブルー)〜
JUGEMテーマ:日記・一般
 

シャイヤーファーム 第6チャクラの場所】


第6-1.JPG

中央に、背の高くて彫刻してある立石と、背の低い石があり、

回りには、8個の石達が、円形に並んでいます。

この石は、スターの場所と同じ、ウエールズから取り寄せた、

ストーンヘンジ(世界遺産)と同じ質を持った石だそうです。

※ウエールズ(Wikipedia)
※ストーンヘンジ(Wikipedia)





第6-2.JPG

シャイヤーファームの中で、初めて建てられた場所。

石に彫られた彫刻は、今後のビジョンのために、マイクのイメージを彫ってもらったそうです。



この彫刻のイメージを、一緒に参加したティーチャー仲間は、

中央にある地球の回りに、沢山の人間が手をつないでいるように見える。。。って言ってた。


確かにこれからの時代、皆が手を取り合って協力していく時代だと思う。

それは、人間だけではなく、目に見えない物も、目に見える物も、

地球や自然も、全てそうだろうと感じる。


そんなビジョンだったのかもしれないなぁ。。。




そして、この中央の2つの石は、ゲートを表しているそうです。

第6-3.JPG

有名な聖地である、「Avebury(エイヴベリー)」のストーンサークルの中にある

2つの石と同じ配置を取られているそうです。

この2つの石の真ん中に立つことは、女性性と男性性など、

自分の内側にある2面性を統合するサポートをてくれるそうです。


背の高い石は、地元の石材場から、マイクが選んできたもの。

背の低い石は、インドから取り寄せた石だそうです。



kawashima


19:45 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜第5チャクラ(ブルー)〜
JUGEMテーマ:日記・一般


【シャイヤーファーム 第5チャクラの場所】


ターコイズとブルーとの間に、ゲートがあり・・・
DSC02072.JPG


そこを抜けると、第5チャクラのブルーの場所が広がります。

第5-1.JPG


第5チャクラにも、とても大きな立石があります。

この石も第3・第6チャクラ同様、オーラソーマ社のアーティストである、

カースティンが彫った彫刻です。

ローカルの石材場から、マイクさんが選んでいた石。

シャイヤーファームが出来てから、2つ目に建てた石だそうです。

とても寒い冬、カースティンがファームのドームにこもって彫刻を仕上げたのでしょうね。。。

DSC01730.JPG






この場所には、ラーチを植えてあるそうです。

ラーチは、喉のチャクラに良い木だそうで、

高次の意志を尊重できるように、

また、”ここに居たくない”という絶望的なときに力をくれるそうです。

※ラーチ・・・マツ科の落葉針葉樹。ヨーロッパカラマツの事。





第5-2.JPG

この立石に彫られている「3つの星」は、

ソウルスター・インカネーショナルスター・アーススターの3スターの概念と関連しているそうです。



ここでの時間は、参加したグループのシェアの中でも、特別だった気がします。

「自分をどう表現するべきか」

「勇気を出して進もう」

「ハートからのコミュニケーション」

そんなキーワードを感じられた人が多かった場所です。



kawashima
 
19:42 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜第4チャクラ(グリーン)〜
JUGEMテーマ:日記・一般


【シャイヤーファーム 第4チャクラの場所】


第4.JPG

ここには、ハートポンド(ハートの池)があります。

第4-7.JPG

この池には、蓮が育っていました。

マイクさんが、初めてこの土地を訪れた時、この場所でAngelを見つけ、

そのAngelに聞いて、ここが第4チャクラの場所だと気付いたそうです

そして、この土地を農場にする事を決意したそうです。





近くには、オブシディアンの卵型のオブジェがあります。
第4-1.JPG

メキシコのテオティワカンから取り寄せたそうです。

この石は、「図書館」の役割を果たしていると、マイクさんが言ってらっしゃいました。

※オブシディアン(黒曜石) (Wikipedia)
※テオティワカン(Wikipepdia)




オブシディアンの下にある台座は、インドから来た大理石。

”シバリンガム”を彫る有名な人が、この台座を彫ったそうです。

そんな有名な方と、マイクさんは知り合いなのだ。。。すごい。

※シバリンガムとは、インドの7つの聖なる巡礼地のひとつであるナルマダ川の
泥だらけの浅瀬で、年に一回儀礼的に採集されている特別な聖なる石。



余談ですが。

数年前には、マイクさんのお嬢さんも、ここで結婚セレモニーをされたそうです。

そして、今年6月にはオーラソーマ社スタッフのショーンさんが、

ここで結婚セレモニーをされました


その時の写真がこちら



アップにすると、置いた手が「ハート型」になっているのがよくわかります

きゃぁー。ロマンチック過ぎですーーー



他にも、2人のエンジェルがハートを持っているオブジェもあります。
第4-4.JPG

第4-3.JPG


このオブジェは、ハートの部分と、自分のハートを重なり合わせるといいそうです。

こんな感じです
第4-2.JPG

第4-6.JPG




この池の廻りには、沢山のクローバーがモリモリ育っていました。

第4-5.JPG

私は、10分くらいの間に、コマラさんと一緒に4個の ”四葉のクローバー”を見つけました!

マイクさんいわく、ここには、沢山の”四葉クローバー”が見つかるそうです

19:39 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜オリーブ〜
JUGEMテーマ:日記・一般
 

【シャイヤーファーム オリーブの場所】


オリーブ-2.JPG

オリーブの場所は、迷路のようになっていました。

白い棒のように見えている所は、この棒の中には、苗木が植えられています。

この木が育ったときには、さらに深い迷路のようになるかもしれませんね。

木が育ったとき、もう一度瞑想をしながら、歩いてみたいと思っています


オリーブ-1.JPG


参加した人達と、このオリーブについてシェアをしたのですが、

この場所で、何かを感じ取る人が多かったようですね。


マイクさんは、以前歩いたときには、

「過去の苦味を甘みに変えるために、歩いているのではないか?」と、

そのプレッシャーの苦しみを感じたとお話されていました。

でも、今は、「少しのプレッシャーとして、感じる」程度に軽くなったとお話されていました。



DSC01740.JPG

この近くにあった彫刻。きっと意味があるんだろうなぁ。

また、聞くのを忘れてしまった川島でした!




kawashima


11:44 DevAura comments(0)
チャクラウォーク 〜第3チャクラ(イエロー)〜
JUGEMテーマ:日記・一般
 

【シャイヤーファーム 第3チャクラ(イエロー)の場所】

第3-2.JPG

この場所には、大きくて、背の高い石が一つあります。

そして、その石には、”フラワーオブライフ(=生命の花)”の彫刻がされているんです


アップの写真はこちら
第3-1.JPG

この形は、

生命の根源を表す「古代神聖幾何学」の模様とされていて、

生命サイクルを形に表してあると言われています。

この形には、見るだけで「細胞レベルでの目覚め」を起こし、

自分の本質を思い出させるように、と、私達の身体に深く刻まれているそうです。



この彫刻は、オーラソーマ社の”カースティン(アーティスト)”が彫刻を担当されました。

カースティンは、第3・第5・第6の立石にも、彫刻を施したそうです。

カースティンは、石を置く場所のエネルギーを感じながら、彫刻をするそうで、

シャイヤーファームには、彫刻するための場所も用意されています。

DSC01730.JPG






第3.JPG

この石は、ローカルの石材場から、マイクさんが選んできて、

石の下に、シトリンやトパーズを、沢山埋めたそうです。


このエネルギーのおかげで、

ここのハーブ達は、今の地球環境に対しての恐怖を感じることなく、

ありのままの自分(ハーブ)の特徴をもったまま、育つことができるのでしょうね。



また、この場所の近くには、カレンデュラのハーブが植えられているそうです。

カレンデュラは、日本ではマリーゴールドやキンセンカの事を呼びます。

オレンジ色の花びらにはダメージを受けた皮膚や粘膜、

毛細血管の修正を速やかに促すカロチンや殺菌作用、

収斂作用があるタンニンやカレンデュリンが含まれるので、

昔から擦り傷、切り傷、手あれなどに最も効果のあるハーブの1つとされています。

なんだか、フラワーオブライフのエネルギーとリンクしますね。


kawashima
11:42 DevAura comments(0)
1/2PAGES >>
riva-art
(株)リバアート公式サイト
Profile
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Category
Comment
NewEntry
Archives
Search
Mobile
riva-art.comQRコード